タイ語を日本語に! タイ語を翻訳しよう

タイ語を日本語に! タイ語を翻訳しようでは、タイ語を日本語に翻訳するにあたってのポイントなどをまとめています。

タイ語の習得法は?

近年、タイへ進出する日本企業が増えています。トヨタやホンダなどの自動車メーカーもタイに大型の工場を建設して拠点としています。タイは日本にとって身近な国になりました。そんな理由からタイ語の需要はとても増えています。どうすればタイ語を覚えられるでしょうか?

大きく分けて3種類あります。

1 つは独学です。自分で教科書を購入して勉強する方法です。しかし、タイ語は発音や声調に特徴があるため、独自でマスターするのは非常に困難だといいます。

2 つ目にタイ語の話せる友人に習う方法です。友人にタイ人がいれば、親切に教えてくれるでしょう。日本語でもそうですが、訛りのあるタイ人に教われば、その訛りまで身につけてしまう可能性があるので、注意が必要です。

最後にタイ語の学校に通うことです。これが一般的な方法でしょう。タイ語学校の授業にはグループレッスンとプライベートレッスンがあります。グループレッスンは授業料が安く、他にも生徒がいるので、友達を作りやすいというメリットがあります。授業時間が決まっていて、出欠に厳しいというデメリットがあります。プライベートレッスンは先生とマンツーマンなので、自分の都合のよい時間を予約することができるメリットがあります。その分、授業料が高く、先生と仲良くなりすぎるとレッスンがナアナアになってしまうデメリットがあります。

タイ語は声調言語と呼ばれているので、読み書きは独学でできても、会話は教えてもらわないと難しいといわれます。